代表挨拶

社長からのメッセージ

【創業60年の修理技術+時計マニアのお客様目線+国際的ネット通販企業との資本提携】
その環境が、私達を「藤森商会」から【リーボンズ・フジモリ】に「進化と成長」をさせてくれました。
他社に無い伝統・世界的ネットワーク・柔軟な対応力で、お客様の時計修理の悩みを解決します!

『時計修理は、どの会社に頼んだらよいのか良く解らない』 その解決の為、私が社長を務めています。
【出来ない】を、可能な限り『出来る』へ。ぜひ、腕時計のお修理に悩んだら、弊社に御相談ください。

代表取締役斉田誠司

斉田 誠司 Seiji Saida
1970年広島県広島市生まれ。1995年日本大学経済学部卒。輸入時計マニアが高じて、大学卒業後に(株)大沢商会に就職。 新規ブランドの直営店店長、食品事業、ワイン事業、新規事業責任者などを担当。

退社後、(株)ドン・キホーテにて修理支援課を設立、CS推進部、営業支援部長等を歴任、 (株)ネットプライスに転職後は中古買取部門やグループ企業の真贋鑑別部署やコンプライアンス部署、 新規事業初代責任者を歴任した後、2010年2月に(株)藤森商会入社。2010年9月1日より現職。

実戦空手道・合気道・居合道の師範資格、ソムリエ資格、テキーラソムリエ資格、 古物商許可証(行商可免許)、ワイン品質鑑定士、食品衛生責任者資格等も持ち、 その「接客好き&教え好き」の性格から、買取バイヤーの新人育成・講習・セミナー等を 請け負う事もあり、現在も某企業の特命バイヤーとしても活動中。

時計マニアの素人が、突然!創業60年の老舗名門時計修理会社を継ぎました。

私は正直、時計修理業界の名門老舗・「株式会社 藤森商会」の創業家とは、全く関係ない所から来ました。 たしかに、【筋金入りの時計マニア】ではありました。「オタク」と言い換えた方が良いのかもしれません。 マニアが高じて、時計業界の名門商社「株式会社 大沢商会」に就職はしましたが、配属されたのは時計部、 ではなく新規事業部で、主に高級チョコレートやワインの輸入・流通に関わりました。(ソムリエはその際取得)

その間も、お手頃な価格で買える中古時計やマニアックな時計、アンティーク時計を探して購入しながらも、 当時(株)大沢商会で扱っていたBREITLING,MOVADO,ZENITH,NOMOSなどの高級輸入時計や、昔扱っていた OMEGAやJaeger-Lecoulteなどの資料を、休憩時間などに時計部や修理部を訪問しては、資料を読み漁り、 「基礎知識」を身に付ける中で、『一流時計の時計は、定期的にメンテナンスをすれば一生使い続けられる』 と云う大事な事実を知り、その中で「修理・アフターサービスの世界」に熱く、注目するようになりました。 (余談ですが、その御縁で、当時(株)大沢商会の時計本部長だった西岡達雄氏には、弊社顧問をお願いしています。)

その後、(株)ドン・キホーテの修理受付部署の創設に誘われて転職、「修理支援課」の初代責任者となり、 ベンチャー企業の楽しさを体験させて戴き、その後も(株)ネットプライスグループ(現・BEENOS)に転職した中で、 『並行輸入品の修理』『中古品の修理』の問題や壁に突き当たり、日本全国の時計修理会社さんを回って、 時計修理をお願いしてきましたが、正直、当時の私の満足のいく結果を出して下さる会社は皆無でした。

そんな中、某・新宿の超有名大手百貨店のお修理を一気に引き受け、高いレベルの技術力と、顧客対応力で 評判の高かった(株)藤森商会を知り、年間1万本以上を修理する高い技術力、ほぼ全ての時計ブランドとの 強いパイプを持ち、また、どんな時計も老舗のネットワークを駆使して直す対応力の高さに惚れ込んでしまい、 当時の社長に修理取引を頼みながら、私が今迄、時計修理に感じてきた不満や、一般顧客から見て解り難い 業界独自の料金体系や修理期間などに対する疑問を強くぶつけると、とんでもない回答が私に返ってきました。 「なら君がこの会社の四代目社長になり、次世代の時計修理サービスを創ってみたらどうだ?」

その誘いに正直、とても驚きましたが、老舗企業の世襲では革新は出来ない、という悩みと現実を知りました。 そうして、【老舗や新進ブランドの下請・日本法人工房としても稼働する、創業60年超の老舗時計修理会社】を、 時計修理技術者でも創業家でも無いただの時計マニアが、時計修理業界に革命を起こす為に受け継ぎました。

藤森商会から、リーボンズ・フジモリへ。世界を見て来て、進化しました。

ところが、2012年3月に事態は急変します。某百貨店との55年に亘る専属契約の終了を突然宣告され、 某百貨店の外部に放り出される事になった(株)藤森商会は、一気に倒産・解体の危機に直面します。 しかし、私はこれを【最大の好機】と捉え、『世界一のサービスを提供する国』シンガポールに渡りました。 シンガポール国営企業やインテルも投資する、東南アジア最大級のインターネット通販大手企業である 「Reebonz.com社」から、当時私が抱いていた理想【Repair In Japan】を実現しないかと誘われたからです。

単身シンガポールに渡り、海外在住の顧客から『どんな時計修理があれば嬉しいか』という要望を聞き、 素人ながら、老舗の看板を使い、多くの腕利きの修理技術者に指示できるからこそ、悪しき慣習を破壊し、 『今日直せない修理は、明日挑戦して直そう』を新たな社是に、シンガポール、香港、イタリア、スイスの 修理工房を見て回って来たReebonz社の代表・サミュエル・リム氏と私とで、様々な人材もスカウトしたり、 修理工房同士でネットワークを構築しながら、新たに国際基準の時計修理会社を創り上げたのです。 そうして、(株)藤森商会とは全く別の法人として、リーボンズ・フジモリ(株)が2014年に誕生しました。

世界Only 1の腕時計総合修理サービス企業へ。挑戦は続いています!

異国のシンガポールで誕生した「リーボンズ・フジモリ」では、様々な革新的なサービスを開始しました。 高級ホテル、タワーマンションのコンシェルジュと連動し、週末ごとに『出張時計修理受付イベント』を 開催、日本では「お店に常設されているもの」である時計修理をイベント化する事で、【一期一会】の お客様との御縁を最大限に活かし、【お客様と修理会社が直接対話するノウハウ】を構築しました。

日本帰国後も、高級マンションを複合管理されるコンシェルジュ最大手企業、企業向けサービス企業、 上場企業のリサイクル大手ベンチャー、日本最大級の骨董市、日本に上陸したばかりの時計ブランド など、普通の時計修理会社が進出していない取引先や市場を開拓する事で、新たな視点に気付き、 「本当にお客様が求める、時計修理サービス」を追求する事になりましたし、日々、進化しています。

弊社技術スタッフも、シンガポール、スイス、中国、韓国からも留学生を迎え入れ、国際色豊かになり、 また、弊社工房もシンガポールだけでなく、中国・韓国・オーストラリアにも近日拡大の予定がある為、 『将来独立したいが、もっと技術を磨きたい』『部品や営業先の獲得ルート、ノウハウも教えて欲しい』 という挑戦新溢れる人材も、事業・技術提携を望む同業他社の申し出にも、広く門戸を開けてきました。

【思い出の時計を直して欲しい、というお客様の想いに、一生懸命に応えたい】

私たち、リーボンズ・フジモリの挑戦とさらなる進化に、是非ご期待ください。

2017年1月吉日
リーボンズ・フジモリ株式会社 代表取締役社長兼CEO 齊田 誠司

ページTOPへ戻る
代表挨拶
お問合わせ
採用情報
サービス紹介
腕時計愛好家倶楽部

HOME会社概要サービス情報代表挨拶採用情報お問合わせサイトマップ
Copyright © 2011 Fujimori Corporation. All Rights Reserved.